スニーカーはNG!室内シューズの暗黙ルール


スニーカーはアウト!室内シューズの暗黙ルール

lgf01a201406270400

卓球以外でも室内や体育館でプレーするスポーツは、
板張りだったり、ワックスが塗ってある所でするのが大半。

床を傷つけてしまったり、汚れてしまう靴を履くのはマナー違反!

靴裏が固かったり、砂利が挟まっている外履きはもってのほか!

間違って内履き用に購入されることが多いスニーカーも本来、
体育館履き用に作られていないので、
やっぱり靴底がすり減る際に、跡がついてしまったり床を削ってしまう事があります。

室内履きにもルールあり!

室内のシューズを選ぶにも選択を間違ってしまうと室内の管理者に迷惑をかけるだけでなく
一緒にプレーする人たちの気分を害してしまいます。

”じゃあ何を選べばいいの?”と思った方は以下の項目をご覧頂ければ幸いです。

そもそも室内履きのルールって?

IMG_4149-624x416

まず第一に、体育館を含むフローリング加工されてる室内は、床を傷つけないように
スリッパか、靴裏がゴム製の学校用上履きに履き替えるのが当たり前。

 

ただし動きが激しいスポーツをする時、スリッパでは脱げてしまったり、
靴裏がツルツルで地面との摩擦がなく、ツルっと滑ってしまい思わぬけがをしてしまいます。
靴裏に溝がある学校用の上履きでもいいのですが、

激しい運動に耐え切れず生地が伸びてしまったり、足がムレてしまったり、
足の重心のかけ方がスポーツによって違うので、
スポーツに合わせたシューズを購入することをおススメします。

卓球用の場合ですが、特にこだわりがなければ
まずは5,000円程度で購入出来るこちらのシューズがおススメです。


成長期の子供に、繋ぎのシューズとしても非常におススメです。

卓球以外にどのスポーツ用シューズでも共通すると思いますが、
購入する際はまず以下のことを気を付けてみましょう。

・足にかかる衝撃を吸収する為、クッション性が良いものかインソールを使ってみよう。

・シューズが軽いものを選ぼう。

・足裏の摩擦力が高く滑らないものを選ぼう。

・足の重心にあった、プレーするスポーツ用シューズを選ぼう。(バスケ用、卓球用、バレー用など)

・足にフィットする丁度いい物を選ぼう。

 

正しい卓球を身に付けてみませんか

コーチにつくのが上達の近道!部活やクラブの中で一番強くなろう!
東京テーブルテニスクラブのレッスンを1回だけ体験できます。(要電話予約)

電話番号03-3730-1818
≫詳しくはこちら

東京テーブルテニスクラブ

東京テーブルテニスクラブ
東京テーブルテニスクラブ
東京都内最大級の卓球場。東急池上線「蓮沼駅」徒歩2分。卓球教室は初心者でもOK。また各種卓球教室の他に、個人レッスンなど随時受付中。また当卓球場会員は毎日卓球打ち放題。
卓球通信も定期的に更新中!

About 東京テーブルテニスクラブ

東京都内最大級の卓球場。東急池上線「蓮沼駅」徒歩2分。卓球教室は初心者でもOK。また各種卓球教室の他に、個人レッスンなど随時受付中。また当卓球場会員は毎日卓球打ち放題。 卓球通信も定期的に更新中!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です