最低ここは押さえておこう!卓球の遊び方、ルール


最低ここは押さえておこう!卓球の遊び方、ルール

00000050230030605
児童館や学校、レジャー施設で親しまれている卓球。
子供は体育の授業で、大人は温泉、懇親会などで実際プレーすることが多いでしょう。
そんな時一人、卓球が上手ったり、ルールに詳しいとカッコいいですよね。
以下は、卓球の基礎知識、ルールをご紹介していきます。
本当に基礎知識なので、遊ぶ程度のルールを知っている方は読み飛ばしてしまって結構です。

そもそも卓球って?

tabletennis

ゲームの簡単な進め方

卓球はピン球というプラスチック製の軽いボールを使い、
手元で1回跳ねたボールを卓球台の相手コートに打ち返す(ラリー)球技です。

 

手元で跳ねたボールを打ち返せなかった、打っても相手のコートに入らなかったり、
自分側のコートに落っこちてしまった場合は、相手の得点になります。

 

先に11点取った方が勝ちです。10点同士になった場合(デュース)は、
先に連続で2点取るまでゲームを続けます。

 

ゲームの始め方

サッカーの「キックオフ」、バスケットボールの「ジャンプボール」のように
卓球も始めるときに「サービス」というものを行います。

ゲームを始める人(サーバー)はラケットを持っていない手のひらにボールを乗せ、
台の上で相手に見えるように16cm以上、上に投げて落ちたボールを自分のコート、
相手のコートにそれぞれ1回ずつバウンドさせるように打ちます。

失敗した場合は相手の得点になり(サービスミス
コート中央にあるネットに当たった場合、やり直しになります。(レット

サービスは2球打ったら交代。デュースのときは1本交代になります。

ルールは深く掘り下げるともっとありますが、この程度予備知識があれば、
友達と遊ぶ程度の卓球を楽しむことができます。

次は大人数でプレーする卓球のルールを説明します。

4人でプレーする卓球(ダブルス)で追加される主なルール

friends_man_woman

サーブの仕方

2人で行う卓球と、ほぼ同じルールで行われますが、さらにルールが追加されます。

サービスは、自分側のコートの右半面から、相手側コートの相手から見て右側に返さなければなりません。

つまり角と角に交差するようにバウンドさせます。
やり方を間違えると相手にポイントを渡すことになるので注意しましょう。

サービス後の打ち合い(ラリー)は、相方と交互に打たなければいけないため、
二度続けて打つことはできません。打ってしまうと相手の点になるので、注意しましょう。

サーバーが相手に移ると、サービスをしていなかった選手が受け手(レシーバー)になり、
レシーバーだったプレーヤーが次のサーバーになります。

つまりサービスを受けたプレーヤーが次、サービスを打つことになります。

正しい卓球を身に付けてみませんか

コーチにつくのが上達の近道!部活やクラブの中で一番強くなろう!
東京テーブルテニスクラブのレッスンを1回だけ体験できます。(要電話予約)

電話番号03-3730-1818
≫詳しくはこちら

東京テーブルテニスクラブ

東京テーブルテニスクラブ
東京テーブルテニスクラブ
東京都内最大級の卓球場。東急池上線「蓮沼駅」徒歩2分。卓球教室は初心者でもOK。また各種卓球教室の他に、個人レッスンなど随時受付中。また当卓球場会員は毎日卓球打ち放題。
卓球通信も定期的に更新中!

About 東京テーブルテニスクラブ

東京都内最大級の卓球場。東急池上線「蓮沼駅」徒歩2分。卓球教室は初心者でもOK。また各種卓球教室の他に、個人レッスンなど随時受付中。また当卓球場会員は毎日卓球打ち放題。 卓球通信も定期的に更新中!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です